BLOG

ブログ

こんにちは!!!
NeM PhotographyのMasukoです!!!

今回は初めて前撮りのレポートをさせていただきます!

今回撮影に行ってきたのは

浅草の雷門!!!
しかも夜!!!

楽しかったですよ〜!!!
昼間とは違った大人な雰囲気を醸し出す夜の浅草。
ちょっと怪しくもあり、ノスタルジーな感じもありのワクワクな撮影でした!!!

どんな撮影だったか是非ご覧ください!!!

ロケーション紹介

浅草寺(せんそうじ)ってどんなところ?

所在地: 〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−1
創建年:(伝)推古天皇36年(628年)
各線浅草駅より徒歩2〜3分
車の場合は雷門地下駐車場が便利です
2020.1現在の情報は↓こちら↓
営業時間:7時~23時
駐車料金:最初の30分200円、以降15分ごと100円
最大料金は入庫から6時間以上12時間まで2,400円(平日のみ)
収容台数:197台 バイク4台

都内では最も古いお寺だそうです!!!

浅草といえば浅草寺よりも雷門の方がイメージ強い方もいるかもしれませんね!
正月の初詣の参拝客数は常に全国トップ10に収まっているそうで、僕も昔友人と行ってみましたが列が長すぎて引きました!
確か3が日の昼間に行ったのですが、雷門から並び始めて250m程続く仲見世通りをひたすら並んで歩きようやくお参りできました。
子供連れて行ったら絶対本堂に辿り着かないやつですね!

雷門は浅草寺の入り口

こちらはみなさんご存知、雷門!!!
海外から日本に来る方にとっては東京、日本のシンボルですよね。
奥に仲見世通りがずらーーーーーーっと続いておりましてその突き当たりに浅草寺(一つ前の写真)があります。
雷門から仲見世を抜けて浅草寺までは全て浅草寺の境内です。
実際に行ってみると普通のお寺のように明確な土地の境界線がないので雷門が浅草寺の境内だと言われてもピンと来ないかもしれません。
あたりもお店やらなんやらが立ち並んでいるので確かに分かりづらいのですが、雷門は正式には風雷神門と呼ばれ浅草寺の山門です。
山門とはお寺の入り口の門のことなので、雷門は浅草寺の入り口ということになります。
ちなみにこの大きな提灯、

台風の日は降ろされるらしい!!!

言われてみればそりゃそうですよね!

ちなみに浅草寺周辺はこんな感じです。
お寺の周りっぽい風景ではありませんw
なんかもっと森とか山とかにある方がそれっぽい感じがするのですが、むしろこの東京のど真ん中に広大な敷地を確保している浅草寺のスゴさですよね。
そして右端にうーーーーーっすら写ってるのはスカイツリーです。
はい、

絵になりません

びっくりするほど絵にならなかった。
東京タワーと同じ感覚で考えちゃダメですね!!!
全然明るくないんですよ。
しかも塔のてっぺんの方は肉眼でもうっすらとしか見えません。
写真を撮るならせめて昼間ですね。

浅草寺から見た五重の塔。

かっこいい

夜の浅草は最高にかっこいいです!

撮影許可

雷門は浅草寺の山門ですから当然撮影許可は浅草寺に確認することになります。
新郎新婦から浅草寺事務所(土地部 03-3842-0181)に確認してもらいました。
平日21時からの結婚式の前撮り撮影をしたい旨を伝えてもらったところ、

特に許可は必要ないとのこと

雑誌やテレビの様な大掛かりな撮影でないなら申請は必要ないとのこと。
え?本当?
なんか逆に怖いんだけど。
多少申請料とかかかっても腕章とか付けてでも撮影許可もらえた方が安心するのは僕だけ???

ちなみに宝蔵門を越えて浅草寺の中では撮影できません。
雷門と仲見世通り、及び宝蔵門前までです。

ロケーション撮影

雷門

べべんっ!!!←ワンピースのやつ

って、振袖!!!???
あ、え、いや別にかっこいいから全然いいんだけど、なんていうか
赤の色打掛って聞いてたんだけどwww

ちなみに御察しの通りですが、奇跡的に人が写っておりませんが、撮影している僕の後ろは

人がウジャウジャですごいです

べべんっ!!!

って、打掛もあるんかい!!!

振袖の上に打掛っていうこの組み合わせ!
ゴージャス!!!!
そう、例えるなら

フォアグラの上にウニ!!!←

こんな素敵な打掛と振袖を食べ物に例えてすみません…
とにかくゴージャス!!!!!

くーーーぅっっ!!!!

なんて艶っぽい…!
カッコ良すぎてカッコ良すぎて

外人さん寄ってきたwww

この辺はやっぱり外人さん多いですね!
ザ・ニッポンって感じしますもんねー!
夜で人通りもある程度少なくなったとはいえ、そこは浅草雷門!
それなりの人通りがありました。

仲見世通り

21時からの撮影でしたしもちろんお店は全て閉まっていましたが、そのシャッターに描かれた浮世絵がなんともいい感じ。
店の看板も外国人向けにアルファベットで書いてあったりと和洋折衷な感じがなかなかよかったです!

仲見世通りを本堂に向かって歩いていると脇道に雰囲気の良い通りが!!!
なんか京都みたいー!!!

って、

浅草に失礼←

でもホント雰囲気良くてうっとりしちゃいました。

とにかくかっこいい。
余計なものがいらない感じというか。

指にひかる婚約指輪。
とっても綺麗ですね!!!

宝蔵門(仁王門)

正直、雷門よりこっちの方が絵になります。
雷門は有名過ぎて人が多いのと、スペースが狭いので上の写真みたいな表現が難しいです。
ここは広く距離も十分に撮れるのでインパクトのある写真が残しやすいですね!

べべんっ!!!

こういう浮世絵ありそう

五重の塔が浮き上がり迫り来るような一枚。
夜だからこその表現ですね。

草履までオシャレ

長いことこの仕事してるけど、こんなん初めてみた!

さぁ、歩くだけでもかなりの時間がかかってしまうのが玉に瑕。
広大な敷地な故にですね。
もう撮影も結びの時間となってしまいました。

ラストに二人でも五重の塔をバックに!
今度は振袖バージョンで!
もう時間ないけど撮りたくてたまらない!!!
もっと時間くれーーーーー!!!!

そのまま振袖ソロしょっとで。
ホントかっこいいんですよ。
若女将というかなんというか、これはもはや

極道の妻(べべんっ!!!

いや、いい意味でね。
可愛い感じが苦手な方や、他のみんなとちょっと違ったテイストがいい方にはオススメです!

ラストは走って撤収

これで本当にラストにします!!!と帰りがけにわーーーーってこんなん撮ってフィナーレ!!!
みんな車を地下駐車場に止めていたのですが、パッと時計を見たら

閉門10分前

感傷に浸る間もなく

速攻で全員撤収

余韻くれ、マジでwwwwwww

といった感じで嵐の様に過ぎ去った時間でしたが、駐車場で夜を明かすこともなくみんな無事に帰れてホッと一息。
最高に楽しい思い出ができました!!!

浅草ナイト、大正ロマンを感じられて楽しいですよ!!!
ご希望の方はぜひお声がけください!!!

それでは今回のレポートはこれで終了です!
最後までご覧いただきありがとうございました!!!

  1. この記事へのコメントはありません。